ファンケルのえんきんに含まれている成分と期待できる効果とは

ファンケルから販売されているサプリメント、えんきんには以下のような成分が含まれています。

まずはルテインです。

緑黄色野菜に多く含まれているルテインは天然色素の一種で、非常に優れた抗酸化力を有しているのが特徴です。

またこの成分は瞳にも存在しており、紫外線や、スマホ、テレビなどの液晶画面から発せられている強い光、ブルーライトの刺激から瞳を守る役割を果たしています。

そのため瞳のルテインの量が減少すると、こうした光からの刺激を直接的に受けやすくなることで疲れ目や眼病の発症リスクが高くなるとも言われています。

よってファンケルのえんきんを利用することで効率よくルテインが摂取でき、それによる眼の総合的な健康維持に対しての効果が期待できると考えられます。

それからアスタキサンチンです。

アスタキサンチンもまた、抗酸化力に優れている成分ですから眼の総合的な健康維持に対しての効果が期待できると言えます。

そしてファンケルのえんきんにはDHAも含まれています。

DHAと言うのは脂質のひとつの種類ですが、これは温度の変化に対して性質の変化が起こりにくいと言う特徴を持った脂質です。

このことから人間の体に負担になりにくく、逆に体に対して良い作用が期待できるとされています。

その作用のひとつが血流の促進です。

血流がスムーズであることは全身の健康に重要なことであり、これは眼の健康に関しても言えることです。

眼の周囲の血流が滞りがちになると、眼の細胞が働くために必要な栄養や酸素の供給量は低下してしまいますから、それにより疲れ目などが発生しやすくなってしまいます。

また物を視る際のピント機能に対しても、血流はとても大きな役割を果たしています。

血流が滞りがちになるとピント機能も調整しにくくなり、それにより筋肉も収縮しがちになってしまいます。

するとますます血流も滞りがちになってしまうと言うメカニズムです。

そのためDHAを摂取することで血流がスムーズになり、それにより眼の機能が維持され、ピント機能の調節に対しても良い効果が期待できると考えられます。

またDHAとルテイン、アスタキサンチンが互いに眼に良い作用をもたらすことで、より良い作用が期待できると言うのもファンケルのえんきんの大きな特徴です。

更に含まれている成分としては、シアニジン-3-グルコシドと言う成分も挙げられます。

この成分は、簡単に言うとアントシアニンの一種です。

アントシアニンと言うのは天然色素の一種で、黒豆やブルーベリー、ナスビなどの濃い黒紫色を構成している成分です。

そのアントシアニンの中でも、シアニジン-3-グルコシドは特に強い抗酸化力を有していると言われています。

また眼のピント機能調節にとても良い作用が期待できると言われており、これはDHA同様、眼の血流促進に対しての作用があるためです。

シアニジン-3-グルコシドは経口摂取によりしっかりと眼に届くと言われているので、サプリメントで摂取するのがうってつけの成分だと考えられます。

またアントシアニンと言うのは眼に良い成分として知られているのですが、これはこの成分が、人間が物を視る際に必要な物質、ロドプシンの再合成を助けるためです。

このことからシアニジン-3-グルコシドにも、そのような作用が期待できるとされています。

以上のような成分が配合されているからこそ、ファンケルのえんきんは健康的な眼を保つために、また疲れ目や眼のピント調節機能などに対しての悩みを解消するためにうってつけのサプリメントだと言えます。

機能性表示食品としての臨床試験も済まされており、その効果や安全性についても販売元で確認がされていると言うのも魅力のひとつです。

 

 

おすすめリンク
リペアジェル