コストカットのために名刺印刷

会社にとって大切な事はいろいろとありますが、コストカットもその一つです。なるべくお金をかけない。それでいて最大利益を狙いたい。
これはどの会社にとってもとても大切な事なのですが、ではその具体的な方法はとなるとなかなか難しいのです。どのような対策があるのか。これを考える事もまた、とても難しいのです。
それもそのはず、コストカットを簡単に行なえるのであれば、むしろ「それまで何をしていたのか」という話になりますから。ですが、コストカットの方法はいろいろとあります。
コストカットと聞くと人件費削減、つまりは人員カットですとか、残業させないようにするといった事を思い浮かべる人が多いかもしれません。
確かにそれらは解りやすいコストカットではあるのですが、業務そのものに支障をきたす事にもなります。例えば一人解雇する。
一人分の人件費を浮かせる事が出来ますが、その分人手も一人少なくなるのですから仕事の効率が悪くなるのは仕方ないものです。そこでです。いろいろと大量に依頼するのも手です。
例えば名刺印刷。名刺は必要な時にだけ印刷してもらうというケースが一般的かもしれません。
ですが一度に大量に名刺印刷を依頼する。
それにより、少々安くする事が出来るのです。
これは名刺印刷するだけではなく、会社のOA機器ですとか備品等にも言えます。
パソコンを購入する。その際も一台だけ購入するよりも、一度に大量に購入した方が割安になりますから、出来ればタイミングを合わせる。
ちょっとした事ではありますが、それだけで上手くコストをカットする事が出来るのです。
ましてや人手を損ねる事もありませんし、残業代を渋る訳でもありません。
備品は全てレンタルにするという手法もあります。このように、コストカットの方法は実は多々あるのです。
上からコストカットしろと言われると、ついつい人件費をどうにかしなければと考えがちですが、実はコストカットの方法はいろいろとあるのです。

名刺印刷業者の選び方

名刺を大量に注文したいときは名刺印刷業者がおすすめです。
でも、なにも考えずに注文すると後々後悔してしまう可能性もあります。
名刺印刷業者を選ぶ際は比較することが大切です。

まず比較するべき項目は名刺1枚あたりの料金です。
名刺印刷業者ごとに料金はかなりバラツキがあるため、必ず確認が必要な項目といっても良いでしょう。
素材やデザインなどによって料金は変わりますが、最安値で比較するようにします。

名刺は1枚あたりの値段は2〜3円ほどしか変わりません。
でも、ちりも積もれば山となるとおり、枚数が多くなればなるほど1枚あたりの値段が大切になります。
大量注文した場合は数千円も費用に差が出ることも多くあなどれません。
仮に、現在は100枚しか注文しなかったとしても、今後追加注文する可能性もあります。
そのときお得に名刺印刷をするためには料金比較が大事になると言えます。

注文から手元に届くまでの時間も確認しておきましょう。
名刺印刷業者ごとに変わるものの、およそ5〜7日が目安になっています。
最短1日という名刺印刷業者も探せばあります。
もし時間がない、すぐ欲しいといった場合は必要日数を重視すると良いでしょう。
この場合料金はあまり気にせず、発送までにかかる時間で比較するようにします。

デザイン、名刺サイズ、材質などのバリエーションも比較対象になります。
すこし凝ったデザインの名刺が欲しい方、名刺にこだわりたい方は特に重要です。
名刺印刷業者ごとに揃えてあるバリエーションは千差万別と言えます。

テンプレートやデザインのそろった名刺印刷業者は、数千パターンの名刺を作ることができます。
逆にパターンが少ないと選択肢も狭まり、あまり凝ったデザインの名刺は作れません。
ビジネス名刺ならさほどこだわりが無くても良いでしょう。
でも、名前を覚えてもらうためにこだわっても良いと思います。
デザイン・料金・日数どれに重点を置くかをまず考え、名刺業者を比較することをおすすめします。

名刺印刷を自分でおこなう方法

自分で名刺印刷したい方も多いのではないでしょうか。
枚数が少なくてもよい場合に限っては、自分で名刺印刷をしたほうが楽になります。
名刺印刷を業者に任せる場合、最低依頼枚数が決まっているでしょう。

名刺印刷を自分でする場合、費用が安くあがります。(ケースバイケースですが)
一般的な名刺印刷業者だと、1枚あたりの費用は安くて20円前後です。
一方自分で印刷する場合は15〜25円になっており、少ない枚数ならトータルの費用を安く済ませられます。
名刺が足りなくなっても追加ですぐ印刷できますので、柔軟な対応が可能です。

自分で名刺印刷をする際に必要なものは、パソコンとプリンタ、専用のソフトやツールです。
プリンタを購入した際に名刺作成ツールが付属していることもあります。
簡単なビジネス用名刺であればこれを使うだけでも十分でしょう。
名前や連絡先、簡単なメッセージを入力すれば、たった5分で名刺印刷が可能です。

名刺作成ツールが手元にない場合、インターネットで有料か無料のソフトを探すことになります。
色々と公開されていますので、自分の好みのソフトを使用するのが良いでしょう。
名刺用のテンプレートが充実しているソフトも多数存在します。
素材やテンプレートの組み合わせ次第では凝った名刺も簡単に作れるうえ、保存しておけば再印刷も可能です。

デザインにこだわりたい方は、グラフィックツールが必要になります。
インターネット上には名刺のデザインサンプル・テンプレートが多数あり、ある程度自由に編集して使用可能です。
デザイン系名刺のように、凝った本格的なものは名刺作成ソフトではほぼ作れません。
少し無理をすれば作成できますが、手間も時間もかかってしまいます。

グラフィックソフトで色やデザインを変更し、それを名刺サイズにして落とし込んでいきます。
イラストレーターなどの専門的なソフトを使えば簡単にできますので、もしお持ちなら挑戦してみましょう。