名刺印刷を自分でおこなう方法

自分で名刺印刷したい方も多いのではないでしょうか。
枚数が少なくてもよい場合に限っては、自分で名刺印刷をしたほうが楽になります。
名刺印刷を業者に任せる場合、最低依頼枚数が決まっているでしょう。

名刺印刷を自分でする場合、費用が安くあがります。(ケースバイケースですが)
一般的な名刺印刷業者だと、1枚あたりの費用は安くて20円前後です。
一方自分で印刷する場合は15〜25円になっており、少ない枚数ならトータルの費用を安く済ませられます。
名刺が足りなくなっても追加ですぐ印刷できますので、柔軟な対応が可能です。

自分で名刺印刷をする際に必要なものは、パソコンとプリンタ、専用のソフトやツールです。
プリンタを購入した際に名刺作成ツールが付属していることもあります。
簡単なビジネス用名刺であればこれを使うだけでも十分でしょう。
名前や連絡先、簡単なメッセージを入力すれば、たった5分で名刺印刷が可能です。

名刺作成ツールが手元にない場合、インターネットで有料か無料のソフトを探すことになります。
色々と公開されていますので、自分の好みのソフトを使用するのが良いでしょう。
名刺用のテンプレートが充実しているソフトも多数存在します。
素材やテンプレートの組み合わせ次第では凝った名刺も簡単に作れるうえ、保存しておけば再印刷も可能です。

デザインにこだわりたい方は、グラフィックツールが必要になります。
インターネット上には名刺のデザインサンプル・テンプレートが多数あり、ある程度自由に編集して使用可能です。
デザイン系名刺のように、凝った本格的なものは名刺作成ソフトではほぼ作れません。
少し無理をすれば作成できますが、手間も時間もかかってしまいます。

グラフィックソフトで色やデザインを変更し、それを名刺サイズにして落とし込んでいきます。
イラストレーターなどの専門的なソフトを使えば簡単にできますので、もしお持ちなら挑戦してみましょう。