新人教育はとても大切です

会社にとっての財産、それは多々あるかと思いますが、新人もまた、会社にとっては財産です。
入った時点ではまだまだ戦力にすらなっていないどころか、先輩たちの足を引っ張っているだけの存在でしかないかもしれません。
ですがこれからいろいろな経験を積む事で会社に利益をもたらしてくれるだけではなく、これからの会社を担っていく存在ともなってくれるのですから、とても大切である事は言うまでもありません。
ですが、新人も在籍させさえすれば良いのではありません。
そこから教育していく事で会社を支える人間、強いては社会人として成長していく事になるのですが、どのように教育していくのか。
まずは社会人としての意識を持たせる事こそがとても大切です。
ではどのようにして社会人としての意識を持たせるのか。
名刺を持たせる事も一つです。
名刺印刷して名刺を作り、持たせる。実はこれ、とても素晴らしい方法とされています。
なぜなら、新社会人という事はそれまでは学生だったのですから、まだまだ学生気質が抜けきらないものです。
学生気質は悪いものではないのですが、社会人生活に於いては時にマイナスに働いてしまう事もあります。
その点名刺を持たせる事で、「もう学生ではない」「社会人になった」と意識させられるものとされています。
ですので、早めに名刺印刷業者に依頼して名刺を作って持たせるようにしている会社もあるほど。
早ければ早いほど、いち早く社会人としての意識を持たせる事が出来るようになるとも言われています。
もちろん名刺だけではなく、良いポジションを与えて自覚を促すといった事もありますし、いろいろな形で活用させているようです。
新人育成はどの会社にとっても大きなテーマとなっていますが、なかなか簡単なものではありません。
ですのでこれらの話を参考にしてみるのも良いかもしれません。
新人が伸びれば伸びるほど、会社にとってはプラスでしかないのですから、新人育成はとても大切な事です。

ニュース:職能×社会問題×ワクワク=ど真ん中! 富山の「ど真ん中名刺プロジェクト」山科森さんに聞く、自分だけの天職の見つけ方