オーナーと借りる人の安心をサポートする全保連

全保連の画期的なサービス

賃貸経営を行っているオーナーと、賃貸物件を借りる人の安心と信頼をサポートしているのが全保連です。

個人で賃貸物件を借りるときには、一般的に保証人が必要となります。

ただ、近年はこの保証人になってくれる人が見つからず、気になった物件があっても借りることが出来ないことも多いです。

全保連ではそんな保証人が見つからない人でも、安心して賃貸物件を借りられるように家賃保証サービスを提供しています。

このサービスは、借主が入居しているときに、不慮の事故や病気など様々な理由から家賃の支払いが遅れてしまったときに、代わりに立替えて家賃を契約しているオーナーなどに支払ってくれます。

対象となるのも住居だけでなく、お店や事務所、駐車場など幅広いです。

賃貸物件

また、この家賃保証サービスはマンションやアパートなどを運営しているオーナーにとっても魅力的です。

運営をするときにもっともリスクが高いのが家賃滞納です。

安定した家賃収入は運営するときには欠かせません。

火災保険だと入居するときの条件で加入が義務なのでそれほど心配がありせんが、家賃だと入居者が滞納しても、保証人がいて請求できても家賃の滞納を防ぐことは出来ません。

毎月の安定した家賃収入を保護してくれる

毎月の安定した家賃収入を保護してくれるのがこのサービスです。

また、安定した家賃収入以外にも賃貸管理業務で起きる延滞家賃を立替払いをして、入居者の請求を行うのでオーナーが滞納家賃に関しての督促などを行う手間も省けます。

入居している間の滞納賃料を保証してくれるため、初期費用である仲介手数料や敷金、礼金など、入居条件なども変更してより魅力的な物件として紹介できます。

全保連と業務協定と終結している不動産会社を介することで申し込みが出来ます。

日本に在住していて家賃を問題なく支払いが出来る人だと、国籍も日本以外に外国籍でも出来ます。

引用:全保連

法人や個人、入居者希望や入居中でも可能です。

不動産会社でも家賃保証サービスは入居者との契約もスムーズになり、家賃滞納のリスクも減って入居率が上がったり、管理業務の負担も軽くなってメリットもあります。

独自の無料ソフトで代位弁済請求も簡単で、詳細な管理データも確認出来ます。

請求もオンラインから行えますし、口座振替なら振替当日、口座振替でなくても請求から3営業日で立替えてくれます。

保証内容は家賃以外に、駐車場料金や共益費、水道光熱費や過去清算にかかった費用など幅広く対応してくれます。

家賃保証は借りる人とオーナー、不動産会社にもメリットがあって、もし家賃を滞納しても素早く対応をしてくれるため最低限のリスクだけですみます。