マイランドで不労所得に挑戦!

不動産

将来の為にマイランドで不動産投資を

年金は65歳にならないと受給ができない、将来的には年金は生活に必要な分だけ支給が行われなくなるのではないか、もしかしたら年金制度はなくなり、老後の生活が困難なものになるのではないか、色々な疑問や不安を感じている人は多いのではないでしょうか。

自営の人であれば定年退職と言うものがありませんので、働くことができるまで仕事を続けることはできます。

しかし、サラリーマンの場合は60歳で定年を迎え、再雇用を利用して65歳まで頑張ったとしても、それ以上の年齢で仕事をすることはできません。

もし、65歳になって年金を受け取ったとしても、受け取る金額が生活に最低限必要な金額を下回っているのでは、生活が困難になるなどの不安を感じる人も多いと言えましょう。

65歳を過ぎても安定した収入が見込めるのであれば、こうした不安もなくなり老後の生活も安泰になるわけですが、手に職を持たないとも言われているサラリーマンにとって、こうした不安は常に着いて回ることになります。

不動産投資はこうした不安をすべて解消してくれる魅力的な投資法の一つです。

投資と聞くと色々なリスクがあって怖いなどのイメージを持つ人も多いかと思われますが、不動産投資は投資の中でもリスクが最も少ない投資法とも言われています。

マンションオーナーやアパートオーナーなど、いわゆる賃貸物件のオーナーになるのが不動産投資です。

毎月入居者からは家賃を受け取ることができますし、更新月などの場合は1か月分の更新料を受け取ることもできる、新しい入居者からは礼金を受け取ることができるなど、様々なシーンで追加収入も見込めます。

借り手がつきやすくなる投資物件を選ぶ事が重要

不動産投資はリスクが少ない投資法ではありますが、この投資の中でのリスクと言うのは、未入居状態が続いてしまった時に起こります。

投資物件は決して安いものではありませんので、当然ながらローンを組んで購入するオーナーさんが大半を占めます。

ローンの返済は毎月の家賃収入から賄うのが一般的ですから、入居者が見つからない状態が長引けば、自分で働いたお金を使ってローン返済を行うことになるわけです。

この未入居の状態は長く続けば大変な事態を招くことになりますが、入居者がすぐに見つかるような投資物件を選んでおけば、それほど焦る必要はありませんし、自払いをする機会もそれほど多くはないなど、不動産投資の成功者にもなれるわけです。

ちなみに、賃貸の部屋を借りる時には駅から近い物件を選びたい、どうせ賃貸の部屋を借りるのだから、豪華な設備が整っている部屋を借りたいなどは多いと言えます。

さらに、一人暮らしの人であれば、バストイレ別の部屋や洗濯機置き場が室内にある部屋を利用したい、楽器演奏やペット飼育ができるアパートが良いなど、それぞれにこだわりがあるわけですから、拘り条件をクリアーできるような部屋を投資に使えば、借り手が付きやすくなるなどのメリットもあるわけです。

もし、自分が部屋を借りるのであればどのようなアパートやマンションが良いのかを考えて、投資物件を選ぶのは基本的なことと言えます。

基本的な専門用語は押えておく必要がある

所で、不動産投資には色々な専門用語がありますが、すべての用語を理解もしくは把握する必要はありませんが、利回りがどのようなものであるのかを知ることは基本ですから、基本的な専門用語はしっかりと抑えておく必要があります。

利回りは簡単に言えば、利息・利益配当の元金に対する割合のことを意味します。

もう少し具体的に説明する時には、投資した金額に対する収益割合を、1年当たりの平均に直した数字です。

但し、利回りの数値が大きければ良いと言うものではなく、これに加えて利便性や機能性、築年数や環境など色々なことが加味されることで入居者が集まりやすい物件であるのか否かを把握することができるようになります。

無料で全国の物件を検索でき、不動産投資初心者にもおすすめのマイランド

マイランドは不動産投資物件をネットの中で情報提供しているウェブサイト名で、マイランドのサイトを利用することで、利回りから検索ができたり価格帯から検索ができるなどのメリットがあります。

さらに、マイランドは特定地域だけの投資物件を紹介しているサイトではありません。

日本全国の不動産投資物件をインターネットを利用して検索ができるのが特徴で、誰もが無料で利用できるメリットを持ちます。

但し、マイランドの物件の中には会員さんにしか情報公開をしていないマンションやアパート物件も多数存在しています。

会員になるためにどうすれば良いのか、それは無料会員登録を行えば良いのです。

会員登録を行うと、後から色々なセールスの電話が来るなどのイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

マイランドの場合はお得なメールが登録アドレスに届くだけで、後から押し売り的なセールス電話が入ることはありませんので安心して利用することができます。

マイランドは株式会社ベストランドの中古住宅ブランドでもあり、収益マンションを専門に取り扱っているポータルサイトです。

このサイトを利用すれば投資物件情報は勿論のこと、不動産投資についての解説もサイト内で行われているため、不動産投資を始めようとする初心者にもお勧めです。

→マイランドの「グッド中古!」~リーズナブルな費用~

前田社長が語るゼネコン産業が経済に深く関わる理由

専門家の前田裕幸さんがゼネコンと経済の関係を語る

ゼネコン産業が経済に深く関わってくるという事は、昔から間違いなく続いているといって良いでしょう。
その理由はゼネコン産業が人の根本的な暮らしにかかわる事になるという事があるからです。

ゼネコンは建設業などの仕事をしているわけですが、建設という事は人の住居や施設などを建設するという事を主にしているいうことになります。
インフラなどの施設もゼネコンが建築しているといいって良いでしょう。

そうなると、人の暮らしと深くかかわる事になるので、ここが経済の基盤とも言うべき最も人が注力するところになるという事が考えられるわけ。

勿論人は衣食住の全てを必要とするわけですが、衣食は比較的容易に調達することが出来るのに対して、住は調達が比較的困難で会社のような大きな組織に頼らざるを得ないという事がありますから、この役目をゼネコンが担うという事で、この働きが経済に大きな影響を及ぼすことになるというわけです。

人が良きるうえで必要であるにも関わらずに、なかなか個としての人では建築物を造る事は出来ないので、組織として活動をする業者がこれを担ってするわけですが、そうなると当然お金が行きかう事になり経済が活性化することになるというわけです。

ゼネコンなどの業者は政府と結びつきやすい

そして、こうした業者は政府と結びつきやすいという事も大きな理由と考えていいでしょう。
政府は常に景気を良くしたいという事を考えるので、一番景気を良くするのに使えるのが、こうした業者という事になるわけです。

ここは衣食のように簡単に調達をする事が出来ない代わりに、多くのお金を動かして経済を活性化させるという事も考えられるという事になります。

政府は直接的にお金を動かして経済を活性化するという事は出来ないので、こうした業者を動かして経済を活性化するという事をするようになったわけで、ある意味では景気刺激策としてこのような業者を活用するという事も考えるようになったのが近代の政府という事にもなっていると前田裕幸さんは言います。

そして、このことは業者からしても願ったりかなったりという事になります。
何しろ政府からの受注ということになれば、お金に糸目をつけないで無制限に高い受注を獲得することが出来るという事があります。

何しろ政府は元々はお金を持っているわけではなく、税金という形で市民から徴税をしたお金で事業をすることになるので、徴税次第でいくらでもお金を獲得することが出来るという事になっている。

このような場合、業者としてはお客様として政府ほど理想のお客様はいないという事になり、やはり目線は政府の方に行くという事になります。

民間の方に目線を持っていくと、激しい競争とチェックの視線にさらされるという事になりますが、政府からの受注となればチェックも無ければ競争もない、それでいて値段は言い値でいくらでもコスト増も認めてくれるという事になるわけですから、ここに入り込まない業者が要れば不思議なくらいという関係になっていくわけです。

最近は入札制度というものが設けられているが・・・

この事が、あまりにもひどいので、最近は入札制度というものが設けられて、入札で業者を決めるという事が行われますが、この入札においても、業者同士で談合をして予めどこが受注するのかを決めるという事をするので、あまり効果は無くなっているというのが実態という事も言えるのかもしれません。

何しろ政府からの受注という事の魅力はあまりにも大きいので、競争することのデメリットの方が大きすぎるという考え方になってしまいます。

政府は政府で入札が適正に行われてしまうと、政府としてのメリットは無くなってしまって、業者からの口利きなども何も無くなってしまうので、このシステムをまともに機能させるという意志がほとんどないという事が今の実態と考えていいでしょう。

形だけしていれば、それで問題になる事はないわけですから、わざわざ談合が行われているかどうかをチェックして適正かどうかを調べるというような事をする意義は政府には無いという事で、これも放置されることがほとんどということになるわけです。

基本的に政府が存在している理由は景気を良くするという事が建前になっていますが、かっちりと税収を獲得するという事が目的なので、別に景気がどうこうという事は関係ありません。

それが証拠に景気がどうなろうと税金が安くなるという事はありませんでした。
リーマンショックというとんでもない景気後退の時期があっても税金が安くなることはなかったのです。

この事を考えても政府が景気を良くすることを最優先で考えているのではなく、税金を獲得することを最優先で考えているという事は間違いないでしょう。
その為の口実して景気対策というモノが語られるという事が多いという事は現実としてあることです。

そして、その景気対策として真っ先に出てくるのがゼネコンを活用した公共事業というもので、業者に意味のない仕事を発注してそれで景気対策のような事をしているのだと前田裕幸さんは解説しています。

 

出典元:映画ライター前田裕幸が選ぶ売れっ子脚本家の思考法・仕事術 – NAVER まとめ

井草実業と共にゴミの埋め立てについて考える

井草実業が語るゴミの問題

毎日の生活をしていると、さまざまなものが不要になります。
一般家庭の場合であれば不要になったら捨てるという形でよいのですが、企業や行政となると一般家庭と同じように考えることができません。
とりわけ行政においては、必要がなくなったものをどのように処分するかについて、真剣な議論をしなければならないのです。

適当に投棄してしまうと、自然環境を壊してしまうことになるため、注意しなければなりません。
とはいえ、不要になったものを置いておく場所には限りがあるため、処分する方法を考えるのは簡単なことではないのです。
焼却場で一気に焼却するという方法を用いることもありますが、あらゆるものを焼却することができるわけではなく、処分するのに苦労するものも多々あります。

必要がなくなったものを処分する方法の1つとして、ゴミの埋め立てという方法が注目を集めています。
もちろん、どこにでも自由に埋められるわけではありません。
埋めてもよい場所をきちんと確認して、適切な場所に埋めるようにすることが大切です。

井草実業より引用

したがって、必要がなくなったから埋め立てをしてしまおう、と安易に考えることは許されません。
ゴミの埋め立てをしようと考えたときは、十分な時間をかけて場所や期限などを考えなければならないのです。
これは特定の人が1人で決定することではなく、地方自治体の議会などでしっかりと議論を行う必要があります。

また、議会の多数が賛成しているとしても、住民の多くが反対しているという状況では作業を進めることができません。
何度も説明会を開催するなどして、多くの人に理解してもらうようにしなければならないのです。

ゴミを埋めることは自然環境を悪化させる

不要になったものは埋めればよい、と考えてしまうと自然環境を悪化させることになるだけです。
あらゆるものが埋められるわけではなく、埋められるものと埋められないものとを峻別しなければなりません。

基本的には、土の中に埋めれば自然に還るものを埋めることになるのです。
自然に還らない性質のものについては、土の中に埋めてしまうのではなく焼却するなどの方法を用いる必要があります。

何でもかんでも埋めてしまおうとすると、土の中に有害物質が長くとどまることになり、自然環境に悪影響を及ぼすだけでなく、人間生活にも支障が出てしまうのです。
どのようなゴミが埋められるかは、個別に考えていかなければなりません。

井草実業のようにゴミの埋め立てに従事している会社は多いですが、全ての会社が適切な処理をしているとは限らないため注意が必要です。
悪質な会社に作業を任せてしまうと、適切な形でゴミを処分することができなくなります。

きちんと処理しているように発表していても、実際には不法な形で廃棄していたりすることもあるのです。
特定の企業の責任で処理させようとするのではなく、地方自治体が主体的に取り組むべき問題だといえます。
地方自治体が話し合いを行った上で進めていけば、不法な形で廃棄されてしまうことがなくなり、多くの住民も安心できるようになるのです。

有害な物質が含まれている場合は危険が伴う

有害な物質が含まれている場合、安易に廃棄してしまうことは認められません。
廃棄した時点では特別な問題が起こらなくても、時間が経過するにつれて有害物質が外に漏れてきたり、化学変化などで危険を伴うようになったりします。

どのような影響が出てくるかが明確に分かっているものについては、それほど問題なく廃棄することができるのですが、あまり明確に分かっていない場合は注意しなければなりません。

また、一度埋め立てを行ってしまうと容易に取り出すことができなくなります。
埋めた後に危険があったことに気づいても、ほとんど対処をすることはできなくなるのです。
だからこそ、どのように処分するかの話し合いをする段階で、意見を出し合うことが求められます。

日本という国は、頻繁に大きな地震が発生する可能性を秘めている国です。
そのため、地震が発生したときに重大な被害が生じる可能性がある地域には、有害物質が含まれているものを埋めることができません。

地震対策とゴミ対策は、一見すると関係がないように思われることですが、実際には深いかかわりを持っていることが分かります。
さまざまな事態を考慮に入れた上で、適切な対策を講じなければならないのです。

埋め立てという作業は、ただ単に不要なものを埋めるだけの単純作業だと思われがちですが、いろいろなことを考えてみると、決して単純作業とは言い切れないことが分かります。

全国各地に焼却場がありますが、焼却能力はそれぞれで異なっています。
井草実業のように焼却能力が高いところであれば、たいていの不要物を完全に焼却することができるため、埋めようという発想にはなりにくいです。

しかし、あまり十分な焼却ができない焼却場の場合、不要なものを完全に焼却することができず、最終的には埋めるという判断になります。
1ヶ所に大量の不要物を埋めてしまうと、何かあったときのリスクが大きくなるため、分散することが大切です。

ユニセフ?名前は聞いた事はあるけれど何をしている機関なの?

テレビなどでお馴染みのユニセフについて

テレビのニュースやネットの中でのニュースなどでユニセフについての話題が取り上げられる事がありますが、名前は聞いた事はあるけれど、何を行っている機関なのか知らない人も少なくないのではないでしょうか。

ユニセフは世界中の子供達の命や健康を守るために活動を行っている国連機関です。
日本はとても裕福で貧困の差もそれほど激しくない、欲しいものがあればお金を出して購入する事が出来るなど恵まれた国です。

最近は、モノが溢れる時代などと言いますが、モノが溢れる国も日本の特徴です。
鉛筆を使う子供は少なくなっているかと思われますが、子供の頃にモノを大切にしないと罰が当たるなどと両親に叱れた経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

鉛筆は短くなっても役目を果たせる、書きにくい時には鉛筆サックを使えば短くなっても字を書く事が出来ます。
しかし、鉛筆はそれほど高いものではないので、短くなって書きにくくなれば新しいものを買えば良い、ノートについても学年が終わったので、まだ使えるページが半分以上残っていても新しいノートに変える、今まで使っていたノートは捨ててしまうなどモノを粗末にしてしまった経験を持つ人もいるでしょう。

鉛筆やノートを買えない子供たちが世界にはいる

世界中の子供達の中には鉛筆やノートを買う事が出来ない貧しい国で生活を送っている事も多くあり、ユニセフは恵まれない子供達のための募金活動や広告活動を積極的に行っているなどの特徴を持ちます。

アフリカの子供たち
写真/http://alternas.jp/work/challengers/19900より

世界のどこで生まれても、持って生まれた可能性を十分に引き伸ばせたい、そして大人に成長出来るように支援続けている団体組織です。
子供を最優先に考えるなどの特徴を持っています。

ちなみに、世界の中には色々な国々があるわけですが、ユニセフは34の国と地域に設置が行われており、これらの組織がそれぞれ募金を集める、集めたお金を本部に送る、各国地域の事務所に本部から支援金を送付するなどの仕組みがあります。

また、各国の政府からの支援金も本部に集められ、各国地域の事務所にお金が提供される、そして子供達のためにお金が使われる事になるわけです。
ユニセフの活動には募金活動、広告活動、そしてアドボカシー活動の3つが主体です。

日本ユニセフ協会への募金の種類・方法について

ユニセフへの募金の仕方について

募金活動の中には月々一定額を銀行や郵便口座、クレジットカードなどを利用して募金を行う事が出来るマンスリーサポート・プログラムがあり、このプログラムは栄養不良から小さな命を守るための募金を募るものです。

このプログラムが開始された背景の中には2年連続の干ばつにより、食糧事情が悪化した地域で生まれた幼い子供の栄養不良が引き金となったものです。

アンゴラ南部の州の病院に母親に抱かれて運ばれた1歳の子供は家族の中でも最年少、そして真っ先に栄養不良に陥ったのです。
人間は衰弱してしまうと食べ物を受け付けなくなると言われていますが、この子供も衰弱した身体は食べ物を受け付けてくれなかった、そのままにしておけば命に危険な状態になるなど、栄養治療が必要でした。

衰弱した身体に負担をかけないように、少量の治療用ミルクを毎日24時間与え続けるなどの栄養補給を行い続けると、5日後には食欲が戻り始めました。
退院時には元気になって来たものの、油断が出来ない状態、そこで病院は母親に栄養治療食を渡したのです。

この栄養治療食は高栄養価の治療食である事、常温保存が出来る事、自宅で栄養治療を可能にしたものであるなどの特徴を持っており、ミルクフードと呼びます。

このマンスリーサポート・プログラムは世界中の子供達のミルクフードを提供するなどのために使われる募金を集めているもの、世界中にはミルクフードが必要な子供達が大量に存在していると言います。

治療を受けたくてもお金がないので治療を受けられない、栄養不良が原因で1日8000人以上の幼い命が奪われているのです。

緊急募金について

また、ユニセフの募金の中には戦争や予期せぬ自然災害など、緊急事態が発生した際に緊急支援を目的としたダイレクトメールの送付も行われていますが、これは緊急募金と呼ぶもので、協力者を事前に募集、緊急時に協力者に対してダイレクトメールを送信、協力者からの募金は本部に集められて支援国に送金が行われる仕組みになります。

過去の実績の中にはアフリカの干ばつやシリア、人道危機など様々なタイミングで緊急募金を実施しています。
例えば、アフリカの干ばつでは約6億5千万、シリアでは約4億9千万円、人道危機では約1700万円、いずれも2017年度の緊急募金金額で、2017年度における緊急募金金額の総額は約12億3千万円にも上ります。

現実的には、この募金金額では世界中の子供達をすべて救済する事が出来ない、募金額が不足しているのが現状です。
特に自然災害はいつ起きるか分かりませんし、自然災害が発生すれば幼い子供達の命も失われるリスクも高くなります。
緊急時の募金やマンスリーサポート・プログラムなどのような定期的な募金で世界中の子供達を救済するための仕組みが確立されているのです。

オーナーと借りる人の安心をサポートする全保連

全保連の画期的なサービス

賃貸経営を行っているオーナーと、賃貸物件を借りる人の安心と信頼をサポートしているのが全保連です。

個人で賃貸物件を借りるときには、一般的に保証人が必要となります。

ただ、近年はこの保証人になってくれる人が見つからず、気になった物件があっても借りることが出来ないことも多いです。

全保連ではそんな保証人が見つからない人でも、安心して賃貸物件を借りられるように家賃保証サービスを提供しています。

このサービスは、借主が入居しているときに、不慮の事故や病気など様々な理由から家賃の支払いが遅れてしまったときに、代わりに立替えて家賃を契約しているオーナーなどに支払ってくれます。

対象となるのも住居だけでなく、お店や事務所、駐車場など幅広いです。

賃貸物件

また、この家賃保証サービスはマンションやアパートなどを運営しているオーナーにとっても魅力的です。

運営をするときにもっともリスクが高いのが家賃滞納です。

安定した家賃収入は運営するときには欠かせません。

火災保険だと入居するときの条件で加入が義務なのでそれほど心配がありせんが、家賃だと入居者が滞納しても、保証人がいて請求できても家賃の滞納を防ぐことは出来ません。

毎月の安定した家賃収入を保護してくれる

毎月の安定した家賃収入を保護してくれるのがこのサービスです。

また、安定した家賃収入以外にも賃貸管理業務で起きる延滞家賃を立替払いをして、入居者の請求を行うのでオーナーが滞納家賃に関しての督促などを行う手間も省けます。

入居している間の滞納賃料を保証してくれるため、初期費用である仲介手数料や敷金、礼金など、入居条件なども変更してより魅力的な物件として紹介できます。

全保連と業務協定と終結している不動産会社を介することで申し込みが出来ます。

日本に在住していて家賃を問題なく支払いが出来る人だと、国籍も日本以外に外国籍でも出来ます。

引用:全保連

法人や個人、入居者希望や入居中でも可能です。

不動産会社でも家賃保証サービスは入居者との契約もスムーズになり、家賃滞納のリスクも減って入居率が上がったり、管理業務の負担も軽くなってメリットもあります。

独自の無料ソフトで代位弁済請求も簡単で、詳細な管理データも確認出来ます。

請求もオンラインから行えますし、口座振替なら振替当日、口座振替でなくても請求から3営業日で立替えてくれます。

保証内容は家賃以外に、駐車場料金や共益費、水道光熱費や過去清算にかかった費用など幅広く対応してくれます。

家賃保証は借りる人とオーナー、不動産会社にもメリットがあって、もし家賃を滞納しても素早く対応をしてくれるため最低限のリスクだけですみます。

盛り上がること間違いなし!おすすめのビンゴの景品

忘年会や結婚式の二次会などでの一大イベントの一つといえばビンゴゲームです。

ビンゴゲームを盛り上げる重大な役割を果たすのが景品。

何がもらえるかが大きくゲームの盛り上がりを左右しませんか。

せっかくビンゴをやるなら盛り上がってみんなが喜ぶようなゲームにしたい。

ビンゴゲームに重要なのが予算と参加者です。

出来るだけ参加者全員に景品が行き渡るようにしたいけれども、そうすると莫大なお金がかかってしまうか、参加者の士気を上げられないものになってしまう。

これは本当に悩ましい。

そしてもう一つ大事なのが参加者の人たちはどのような人たちかということです。

男性か女性かでも欲しいものはだいぶ変わってきますよね。

この2つの問題をある程度解決するにはどうしたらいいのだ!?

そんな悩みを持っている方に、筆者が見てきた中で盛り上がっていたビンゴゲームを参考に絶対に参加者が本気で楽しめるようなビンゴ景品の選び方を紹介します。

筆者の独断と偏見ではありますが、実際に宴会のスタッフをしている時に見たビンゴ大会の空気を参考にしているので成功は間違いないと断言する自信はあります。

断トツの1位は旅行。

旅行のギフト券なんかで好きな場所に行けるのも嬉しいし、旅行のツアーをプレゼントでもうれしいですよね。

毎日の仕事で疲れている人にとっては温泉旅行で疲れを取れるなんて夢のような時間。

若い参加者が多い時ならばやっぱりディズニーリゾートの入場券は大盛り上がりです。

年々入場料が高くなっているので、チケットでも貰わない限りなかなか行けないよねなんて思っている今日この頃なので。

温泉旅行

では、盛り上がること間違いなし2位は食べ物!

筆者が見た中で思わず私もゲームに入れてくれと思ったのはマグロと高級和牛が手に入るものだった。

この時は会社のチームごとで豪華賞品を争っていたようだったが、みんなで大盛り上がり。きっとこれを手に入れたチームは仕事への結束力も高まったことでしょう。

恋人とも楽し美味しいひと時を分かち合えるチャンスがあるのも嬉しい。

このような高級食材のギフト券なら欲しいときに新鮮なものを食べられるので嬉しいですよね。

残るものより、みんなで食べて楽しめる物の方が、物置の肥やしにならなくて嬉しいですね。

第3位!iPod、ダイソンの掃除機、ホームベーカリー、カメラといった電気製品。

結構高いので、自分で買うのは悩んでしまうけれど、もらえたらすごく嬉しくないですか?

そして、実用的なので家にあっても困らない。

そして、万が一要らなくても売りやすいものなので換金できる賞品として喜ばれること間違いなし!

ホームベーカリーはなかなか高いのでわざわざ買おうかなという気分にはなかなか慣れない筆者ですが、ホームベーカリーを貰えるとなればテンションが一気に上がって本気モードになってしまう。

第4位は、食事券や図書券、百貨店の商品券といった金券類。

スターバックスのカードなんて、デザインが可愛いものもあるので地域限定のものがもらえたら、喜ぶ人も多いはず。

そして、金券を賞品にするメリットとして大きいのが、金券ショップに行けばかなり割安で手に入るものが多いという点なのです。

ちょっとずつでも多くの人に何かしらを持ち帰ってもらいたいと思ったときに、予算の問題を解決してくれるのが金券ショップですよね。

500円分の図書カードやクオカードなら480円ぐらいで手に入ることもあるので、結構多くの人に渡すことが出来るのも嬉しい。

そして、仮にこうした金券を使わない人がもらったとしても、もしもいらなければその人が金券ショップに行って換金することもできるので、売ってもお金にならないような500円ぐらいのものを貰うよりもよっぽど喜んでもらえるというのも嬉しい。

1万円分の図書券を貰ったら、何冊新しい本を買えるんだろう〜、そんなことを考えるだけでもにやにやが止まらないです。

こういうものは性別関係なく、もらって嬉しいですよね。

問題は豪華賞品を用意しすぎると予算の関係で、5、6人しかもらえなくなってしまうというもの。

参加人数が多ければ多いほど、これだとどうせもらえないよなという雰囲気になって盛り上がらなくなってしまう可能性も。

つい笑ってしまったのが、景品が百円ショップで売っている鈴で嬉しくなさ過ぎたというもの。

うーん、これは帰宅したらゴミ箱行きになって終わるような気がしてならないかもしれない。

笑えるような景品をゲットするのも面白さの一つですけどね。

最低限、駄菓子とかトイレットペーパーとか貰っても特別嬉しくはないけれど、使えなくもないようなものなら景品でもらってもいいかなと思えますね。

せっかくやるならみんなを楽しませられるようなゲームにできるといいですね。

個人的に最後にいいかなと思ったもので一つ、美術館の企画展のチケットなんてどうでしょう?

働き始めてから、たまに金券ショップで見つけた美術館の企画展のチケットを買って休日に出掛けるようになったのですが、行ってみたら新しい自分の好きなことを見付けられて嬉しくなったので、こんな賞品も感謝されるかもしれません。

評判の良い占い師の探し方

電話占いをやってみようと思ったとき、どうやって占い師を探すと良いのでしょうか。

せっかくならば、評判の良い占い師に見てもらいたいですよね。

電話占いで評判の良い占い師を探すには、やはり口コミを頼りに探す方法が最も良いでしょう。

また、占い師に対する口コミを探すには、インターネットで検索してみることをおすすめします。

インターネットには、電話占いを行っている占い師を紹介しているサイトがたくさんあります。

まずは、その中から、気になる占い師を何人かピックアップしてみると良いでしょう。

みなさんの想像以上にたくさんの占い師がいますので、最初から無理に絞り込まないことがコツです。

次に、何人かピックアップした占い師について、プロフィールや占いの内容、得意分野などを細かくチェックしましょう。

すると、おおよそ自分が好む占いを行っているか、自分が占ってもらいたい分野を得意としているかがわかります。

やはり、自分が占ってもらいたい分野が得意でないと、占ってもらう結果の信ぴょう性に関わりますので、しっかりチェックしてください。

さて、いろいろと調べた結果この人に占ってもらいたいと思う占い師が決まったら、その占い師の評判を調べてみましょう。

電話占いの場合は、あくまでも占い師と依頼者が電話でやり取りを行っていることが基本となります。

占いの結果が当たるか当たらないか、という点も当然評価するべきでしょうが、もうひとつ気にしておきたいのが、対応が良いか、という点でしょうね。

電話占いの場合は、電話でのやり取りがほぼすべてになるわけです。

顔が見えない、言葉のやり取りですね。

なので、相手の表情が見えない環境で占いをしてもらって、アドバイスを受けることになるわけです。

中には言葉の選び方に気遣いがなかったり、上から目線の印象を受けたりする占い師もいることでしょう。

でも、占い師のキャラクター作りの一環としてならともかく、一般的な占い師として依頼者側に失礼な態度を取ることはいただけません。

嫌な思いをすることを避けるためにも、占い師に対する評判については、利用する前にしっかりとインターネットで調べておきましょう。

評判の良い占い師は、たくさんの依頼者から感謝の口コミが寄せられているはずですよ。

⇒電話占いで当たるか!口コミを参考にする

年度末にこそ行なっておくべき事

会社組織にとって年度末はとても忙しい季節です。
新年度ともなれば新入社員が入ってきますので、新しい環境を用意しなければならないのです。
そのため、いろいろと大変ではあるのですが、年度末にこそ行なっておくべき事で新年度が楽になるのは言うまでもありません。名刺印刷もその一つかもしれません。
特に新人が大量に入ってくる会社の場合、新人の名刺もかなりの数作らなければなりません。
一人くらいであれば新人が入ってからでも良いかもしれません。
ですが新人が多い会社ともなると、新年度に入ってからでは時間がかかり、本来であれば名刺を持たせなければならない時に名刺が間に合わないといったケースすら出てくるかもしれないのです。
これらの事を考えると、名刺印刷は年度末のうちに行なっておくべきかもしれません。むしろその方が業務に支障をきたす事もないのです。
また、どの会社も新年度になれば名刺が必要になってくるのですから、名刺印刷業者が忙しくなるのも道理です。
それを考えると、早めに依頼しておいた方がすぐに入手する事も出来るようになりますから、効率も良いのです。
このように、いろいろな形が考えられます。
他にもやるべきことは多々あるのが会社というものですが、やはり早めに準備をしておくということが重要です。
先ほどは年度末のお話をしましたが、各時期によって様々なものが必要になります。
先ほど挙げた名刺については、それこそ一年中必要なものですしね。
ちなみに名刺ですが、会社によってはかなりこだわりをもって作成しているところもあるようです。
競合他社よりも目立つことでアピールもしやすいですし、いざというときに思い出してもらいやすいというメリットもあります。
個人個人趣味も違うでしょうけど、好感度が高くなるような名刺デザインもあります。
顧客となるターゲットによってデザインを変えるのもよいのではないでしょうか。
今後は今まで以上に名刺に関する戦いもし烈になりそうですね。

新人教育はとても大切です

会社にとっての財産、それは多々あるかと思いますが、新人もまた、会社にとっては財産です。
入った時点ではまだまだ戦力にすらなっていないどころか、先輩たちの足を引っ張っているだけの存在でしかないかもしれません。
ですがこれからいろいろな経験を積む事で会社に利益をもたらしてくれるだけではなく、これからの会社を担っていく存在ともなってくれるのですから、とても大切である事は言うまでもありません。
ですが、新人も在籍させさえすれば良いのではありません。
そこから教育していく事で会社を支える人間、強いては社会人として成長していく事になるのですが、どのように教育していくのか。
まずは社会人としての意識を持たせる事こそがとても大切です。
ではどのようにして社会人としての意識を持たせるのか。
名刺を持たせる事も一つです。
名刺印刷して名刺を作り、持たせる。実はこれ、とても素晴らしい方法とされています。
なぜなら、新社会人という事はそれまでは学生だったのですから、まだまだ学生気質が抜けきらないものです。
学生気質は悪いものではないのですが、社会人生活に於いては時にマイナスに働いてしまう事もあります。
その点名刺を持たせる事で、「もう学生ではない」「社会人になった」と意識させられるものとされています。
ですので、早めに名刺印刷業者に依頼して名刺を作って持たせるようにしている会社もあるほど。
早ければ早いほど、いち早く社会人としての意識を持たせる事が出来るようになるとも言われています。
もちろん名刺だけではなく、良いポジションを与えて自覚を促すといった事もありますし、いろいろな形で活用させているようです。
新人育成はどの会社にとっても大きなテーマとなっていますが、なかなか簡単なものではありません。
ですのでこれらの話を参考にしてみるのも良いかもしれません。
新人が伸びれば伸びるほど、会社にとってはプラスでしかないのですから、新人育成はとても大切な事です。

ニュース:職能×社会問題×ワクワク=ど真ん中! 富山の「ど真ん中名刺プロジェクト」山科森さんに聞く、自分だけの天職の見つけ方

自分たちで行なわなくとも良い事

会社たるもの多々用意しなければならない事があります。利益を目指す。
それがどのような会社であっても理念である事は言うまでもありませんが、ではそのための環境はどのようなものなのか。
これもまた、実はとても難しい話です。
やはり環境という土台があればこそ、利益もついてくるのですから、良い環境で従業員を働かせる。
これを心がけるだけで会社の利益もまったく変わってくるのです。
ですが、必ずしもすべて自分たちで行なわなければならない時代でもなくなってきているのです。
かつてであれば会社を立ち上げたら全て自分たちで行わなければならないものでした。ですが近年は会社を手助けしてくれるサービスも多々登場していますので、依頼すべき事は依頼してしまった方が良いのです。
備品にしても、かつてであれば自分たちで用意しなければならないものでしたが、近年では会社備品はレンタルで済ます事も出来るようになっています。
そのため、わざわざ買出しせずとも、備品レンタル業者に依頼すれば手元まで届けてくれるのです。
名刺にしても、印刷業者に依頼すれば簡単に名刺印刷を行なう事が出来ます。
自分で作る必要などないのです。自分で作るとなると、書式をミスしてしまったり、レイアウトがずれていたりと、いびつな名刺が出来上がってしまう可能性もあります。
ですが業者に依頼すればそのような失敗もありません。自分が欲しい名刺を確実に手に入れる事が出来ますし、手間さえかかりません。
本来であれば時間を割かなければならない所を他の業務に時間を割く事が出来るのです。
人手が足りないと嘆いている会社にとっては、このようなサービスはとてもありがたいものなはずです。
利益を追求する事のみにばかり前のめりになってしまうと、このようなサービスの存在を知れないものですが、これらのサービスがあると知る事で、より利益に邁進する事が出来ます。
そのためにも、このようなサービスの存在も知っておくべきです。