子供や中学生のうつ病の特徴

うつ病

子供のうつ病について考える

子どもにも「うつ病」があることを知っていますか?
子どもは言葉で体や心の不調をうまく表現できないので、イライラしたり問題行動と言う形で出てしまい、親や保育士や教師などの周りの人にも分かり難いです。

子どもの場合は大人と違って、自分の心の状態を客観的に見ることが出来ません。
それに加えて不調を言葉で親に伝えるということも、まだまだ上手にできません。

少しのことで感情的になったり反抗的になったり、お腹が痛いとか頭が痛いとか体がだるい等の訴えになることも多いです。
学校に行きたがらないというのも、症状の一つだというケースもあります。

小学校の1~2クラスに1人、中学校の1クラスに2~4人くらいの割合でうつ病の子どもがいるという報告もあるのが、現状です。

中学生の場合は、ジェットコースターの如く成績が急降下したり、行動が荒れたりイライラすることが多くなります。
優しかった子が暴言を吐いたり、暴力を振るうなどの兆候が現れるケースも見られます。

しかし、これらが見られても「反抗期なのかな?」と思って鬱状態だとは思わないことも多いです。

お子さんはお子さんで懸命にがんばっている

中には親に心配をかけまいとして、自分の心の不調に気が付いていても、自分の家が見えてきたら玄関の数メートル前で変身するかのように途端に明るく振舞っている、という健気な子どももいます。

親は成績の急降下を「ちゃんと勉強してるの?」などと叱ったり、がっかりと落胆したりするでしょう。
しかし、お子さんはお子さんで懸命にがんばっているのだ、ということを理解しておきたいものです。

現代社会は何かと世知辛く、勝ち組だとか負け組だとか言われます。
親は我が子を負け組にさせるわけにはいかないと必死です。
しかし子どもは、休日も早朝から塾通いで夜遅くに帰宅する子もいます。

学校に行けば行ったで、今は●●君がいじめのターゲットになっているけど今度は自分がいじめのターゲットになる可能性もある訳で、常に緊張を強いられています。
塾でもいじめは存在するし塾内の人間関係が難しい場合もあるし、勉強に付いていくのが大変だということもあるでしょう。

お子さんが体の不調を訴えてきたら話をよく聴くようにする

では、お子さんをうつ病から守るためには親はどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。
もしもお子さんが体の不調を訴えてきたら、話をよく聴くようにすることが大切です。

「体がだるい」とか「休みたい」と言った時に、ついつい根性がない子だと思ってしまったり、「えーっ?また具合が悪いの?」と疑問的に言ったり、「熱はないのだから、それくらいは気力で頑張れるでしょ」という感じで対応しがちですが、しっかりと話を聴くようにしましょう。

血が出ていれば目に見えるので分かりますが、疲れたや痛いは目に見えないだけに理解しにくいところもあります。
しかし、理解しようとする姿勢が大事なのです。

近年は若者たちの間で「新型うつ病」と呼ばれる新しいタイプの鬱も見られます。
これは正式な病名ではなく、マスコミ等が作った病名ですが知っておきたい病気の一つです。

新型うつ病の特徴は、普段は気分が落ち込んでいて鬱状態だけど、趣味や自分の好きなことであれば遊びに行ったり活動することが出来る、といった点です。

そのため、授業には出られないけどクラブ活動には元気に参加できるとか、体調不良で欠勤が続いているのに映画を見に行ったりカラオケを歌いに行ったりすることはできる、という状態になります。

親や教師や上司から見れば、サボっているとか怠けているとか単なる我儘にしか思えないでしょう。
このような病気があるということを知らないと、ますます追い込んでしまうことになりかねません。

うつ病にならないために

うつ病にならないためには、ストレスを溜めないことが大切です。
自分なりのストレス解消法を持ちましょう。頑張るのと無理をするのは違うということや、もうネジ穴がすり切れているネジを無理やりに回せば動かなくなることもある、ということを心得ておきたいものです。

そして、「セロトニン」と言う言葉を聞いたことがあると思いますが、これが予防になります。
セロトニンは太陽の光を浴びることで作られるので、晴れている日は10分ほどで良いので太陽の光に当たるようにしましょう。

バランスの取れた食事も重要です。
セロトニンの材料となるトリプトファンと言うアミノ酸をたくさん含んでいる魚や肉や大豆製品や乳製品を、他の食品と共に摂る様にしましょう。
栄養は個人プレーは苦手でチームで働くので、野菜も毎食たっぷりと食べることが大切です。

万が一鬱状態になった時は、「がんばりなさい」は禁句です。
これこそがネジ穴のすり減っているネジを無理やりに回そうとしているようなものです。
「つらいね」などとお子さんが言った言葉を同じように言ったりして、共感することが大切です。

そして、鬱状態になっている時は思考力が落ちるので、重要な決断を下すのはできるだけ先送りにする方が良いでしょう。
仕事を辞めたいとか学校を退学したいとか部活を退部したいなどは、できれば休職や休学や休部という形にして元気になるのを待つのが理想的です。

 

関連記事

うつ病からの復職は不安?診断書は?

前田社長が語るゼネコン産業が経済に深く関わる理由

専門家の前田裕幸さんがゼネコンと経済の関係を語る

ゼネコン産業が経済に深く関わってくるという事は、昔から間違いなく続いているといって良いでしょう。
その理由はゼネコン産業が人の根本的な暮らしにかかわる事になるという事があるからです。

ゼネコンは建設業などの仕事をしているわけですが、建設という事は人の住居や施設などを建設するという事を主にしているいうことになります。
インフラなどの施設もゼネコンが建築しているといいって良いでしょう。

そうなると、人の暮らしと深くかかわる事になるので、ここが経済の基盤とも言うべき最も人が注力するところになるという事が考えられるわけ。

勿論人は衣食住の全てを必要とするわけですが、衣食は比較的容易に調達することが出来るのに対して、住は調達が比較的困難で会社のような大きな組織に頼らざるを得ないという事がありますから、この役目をゼネコンが担うという事で、この働きが経済に大きな影響を及ぼすことになるというわけです。

人が良きるうえで必要であるにも関わらずに、なかなか個としての人では建築物を造る事は出来ないので、組織として活動をする業者がこれを担ってするわけですが、そうなると当然お金が行きかう事になり経済が活性化することになるというわけです。

ゼネコンなどの業者は政府と結びつきやすい

そして、こうした業者は政府と結びつきやすいという事も大きな理由と考えていいでしょう。
政府は常に景気を良くしたいという事を考えるので、一番景気を良くするのに使えるのが、こうした業者という事になるわけです。

ここは衣食のように簡単に調達をする事が出来ない代わりに、多くのお金を動かして経済を活性化させるという事も考えられるという事になります。

政府は直接的にお金を動かして経済を活性化するという事は出来ないので、こうした業者を動かして経済を活性化するという事をするようになったわけで、ある意味では景気刺激策としてこのような業者を活用するという事も考えるようになったのが近代の政府という事にもなっていると前田裕幸さんは言います。

そして、このことは業者からしても願ったりかなったりという事になります。
何しろ政府からの受注ということになれば、お金に糸目をつけないで無制限に高い受注を獲得することが出来るという事があります。

何しろ政府は元々はお金を持っているわけではなく、税金という形で市民から徴税をしたお金で事業をすることになるので、徴税次第でいくらでもお金を獲得することが出来るという事になっている。

このような場合、業者としてはお客様として政府ほど理想のお客様はいないという事になり、やはり目線は政府の方に行くという事になります。

民間の方に目線を持っていくと、激しい競争とチェックの視線にさらされるという事になりますが、政府からの受注となればチェックも無ければ競争もない、それでいて値段は言い値でいくらでもコスト増も認めてくれるという事になるわけですから、ここに入り込まない業者が要れば不思議なくらいという関係になっていくわけです。

最近は入札制度というものが設けられているが・・・

この事が、あまりにもひどいので、最近は入札制度というものが設けられて、入札で業者を決めるという事が行われますが、この入札においても、業者同士で談合をして予めどこが受注するのかを決めるという事をするので、あまり効果は無くなっているというのが実態という事も言えるのかもしれません。

何しろ政府からの受注という事の魅力はあまりにも大きいので、競争することのデメリットの方が大きすぎるという考え方になってしまいます。

政府は政府で入札が適正に行われてしまうと、政府としてのメリットは無くなってしまって、業者からの口利きなども何も無くなってしまうので、このシステムをまともに機能させるという意志がほとんどないという事が今の実態と考えていいでしょう。

形だけしていれば、それで問題になる事はないわけですから、わざわざ談合が行われているかどうかをチェックして適正かどうかを調べるというような事をする意義は政府には無いという事で、これも放置されることがほとんどということになるわけです。

基本的に政府が存在している理由は景気を良くするという事が建前になっていますが、かっちりと税収を獲得するという事が目的なので、別に景気がどうこうという事は関係ありません。

それが証拠に景気がどうなろうと税金が安くなるという事はありませんでした。
リーマンショックというとんでもない景気後退の時期があっても税金が安くなることはなかったのです。

この事を考えても政府が景気を良くすることを最優先で考えているのではなく、税金を獲得することを最優先で考えているという事は間違いないでしょう。
その為の口実して景気対策というモノが語られるという事が多いという事は現実としてあることです。

そして、その景気対策として真っ先に出てくるのがゼネコンを活用した公共事業というもので、業者に意味のない仕事を発注してそれで景気対策のような事をしているのだと前田裕幸さんは解説しています。

 

出典元:映画ライター前田裕幸が選ぶ売れっ子脚本家の思考法・仕事術 – NAVER まとめ